写真愛好家のホームページです。

YPC規約

YPC規約

大阪YPC規約

第1条 〔名称〕 本会は大阪YPC(読売写真クラブ)と称す。

第2条 〔事務局〕 読売新聞大阪本社写真部内
        西日本YPC事務局に置く。  TEL 06-6366-1656
(〒530-8551  大阪市北区野崎町5-9)

第3条 〔連絡事務所〕事業・入会受付等実務を行うために下記会長宅に連絡事務所を置く。
        (〒533-0004 大阪市東淀川区小松4丁目3-3)

第4条 〔目的〕 広く写真文化の振興を目指し、写真技術の向上を
      はかると共に会員相互の親睦をはかる。

第5条 〔組織〕 前条の目的に賛同する会員をもって組織する。

第6条 〔事業〕 本会の目的達成のため、おおむね次の事業を行う。
    (イ)写真講座
    (ロ)撮影会
    (ハ)審査会
    (ニ)研究会
    (ホ)コンテスト
    (ヘ)合同展覧会
    (ト)会員名簿・会報の発行
    (チ)その他必要な事業

第7条 〔役員と任務〕本会に次の役員を置く。
    (イ)会長  本会を代表し、会務を総括する。
    (ロ)副会長 会長を補佐し、会長に事故あるときは会長の職務を代行する。
    (ハ)理事  本会の事業運営に参画する。
    (ニ)会計  本会の経理を管理する。
    (ホ)会計監査  本会の経理を監査する。
    (ヘ)顧問 本会の全般的な相談を受ける。

第8条 〔役員の選出〕 前条の役員は、役員会において候補者を選出し、総会の承認を得るものとする。

第9条 〔役員の任期〕 役員の任期は1年とする。但し、再任を妨げない。

第10条 〔会議〕 本会の会議は次のとおりとし、会長が召集する。
    (イ)総会
       1.本会の最高機関であり、年1回開催する。
        但し、必要に応じて臨時総会を開催することが出来る。
       2.決議は出席者の過半数とする。同数の場合は議長が決する。
       3.議長は会長が指名する。
    (ロ)役員会 本会の運営に関する事項について審議決定し、随時開催する。
    (ハ)委員会 本会の事業を行うため実行委員会を設けることができる。

第11条 〔運営費〕 本会の運営経費は、入会金、会費等の収入をもってあてる。

第12条 〔入会金と会費〕 入会金と会費は次のとおりとする。
    (イ)入会金   1,000円
    (ロ)会費<年間> 7,000円
    (ハ)特別な催しに関し臨時会費を徴収することがある。         

第13条 〔会計年度〕 毎年1月1日に始まり、12月31日に終わる。

第14条 〔会計報告〕 本会の前年収支は会計監査による監査を受け、総会において会員に報告する。

第15条 〔入会〕 本会に入会を希望する者は、次の手続きをすませ、随時入会することが出来る。
入会申込書に必要事項を記入の上、入会金と年会費を添え本会に提出、会員証の交付をもって入会とする。

第16条 〔退会〕 退会は会員の申し出と、本会の意思によるものがある。いずれの場合も原則として、納入された会費等の返却はしない。
     (イ)退会しようとする会員は、会長に退会の意思を申し出る。
     (ロ)本会の目的に反し、または好ましくない行為があった会員は、役員会で協議の上会員資格を取り消すことが出来る。

第17条 〔疑義の処理〕 規約に定めのない事項及び疑義が生じた場合は、その都度、役員会において協議し解決にあたるものとする。

第18条 〔規約の改正〕 本規約の改正は、総会又は臨時総会において決定する。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional